会社概要

写真:本社事務所

本社事務所

■商号:ケミカルテック 株式会社
■代表取締役社長:水野 民樹
■資本金:1000万円
■所在地:〒484-0081
本社:愛知県犬山市大字犬山字東馬場先20番地の1

五反田工場:愛知県犬山市五反田10-1(犬山工業団地内)

■電話番号(0568)61-2594(代)

■FAX番号:(0568)62-8715
■事業内容:金属表面処理(めっき加工)
■従業員数:98人
■主たる取引銀行
三菱UFJ銀行   名古屋銀行 日本政策金融公庫
十六銀行 大垣共立銀行 商工組合中央金庫

■主たる取引先

株式会社青山製作所

ークマ株式会社

尾張精機株式会社

株式会社ギフ加藤製作所

株式会社杉浦製作所

日本金属株式会社

STメタルズ株式会社Sルズ

※他数200社(ア順敬称略)

■グループ会社
株式会社犬山鍍金工業所


沿革

社歴 1951 犬山鍍金創業
1954 合資会社犬山鍍金工業所設立
1991 ケミカルテック 株式会社設立
2004
2016
2022
代表取締役社長水野民樹就任
特許第6691464号取得(バレルめっき用トレイ・バレル)
五反田工場新設
本社 1951

ハンガー式ニッケルクロムめっき装置新設

ハンガー式亜鉛めっき装置新設

1971

総合排水処理場設置(全自動排水処理装置

電気銀・錫めっき(旧高松電気(株)銀メッキ部門を本社工場へ移設)

1989

半自動キャリアーハンガー・バレル式無電解ニッケルめっき新設

1997

半自動式キャリアーハンガー式長尺亜鉛めっき新設

2002

銀・錫めっきライン廃止

2005

ISO14001認証取得

2006

ISO 9001認証取得

2011

全自動エレベーターバレル式亜鉛めっき連続ベーキング装置新設

生産・工程管理システム導入

2012

半自動キャリアーハンガー式硬質クロムめっき新設

2013

2016

2022

全自動エレベーターハンガー式ニッケルクロムめっき更新

全自動エレベーターバレル式亜鉛めっき装置移設

優良環境事業所認定

第二工場

1970

半自動キャリアーダブルバレル式亜鉛めっき新設

2007

半自動黒色酸化皮膜ライン(黒染)新設

2008

全自動キャリアバレル式亜鉛めっき新設

2016

全自動キャリアラック式亜鉛めっき新設
五反田工場2021
新工場用地取得(犬山工場団地内)
2022
2023
工場竣工・稼動開始
ISO14001認証取得
ISO9001認証取得
さらに工場北側の用地購入

第三工場

(倉庫)



南工場

(移設)

1970

2007

自社めっき設備の製造並びに修理プレス加工

倉庫を置く

1987



2005

全自動キャリアーバレル式亜鉛めっき新設
全自動トルカー処理機新設
黒色酸化皮膜ライン

南工場を第二工場隣接地へ移転し第二工場として増設し移転

設備内容

設備内容

五反田工場排水処理施設


設備内容

五反田工場全自動キャリアバレル式亜鉛めっき3号機
自動車部品・その他

設備内容
五反田工場全自動キャリアバレル式亜鉛ニッケル合金めっき

自動車部品・その他

設備内容

本社工場

連続ベーキング型全自動エレベータバレル式亜鉛めっき1号機

自動車部品・その他

設備内容

本社工場

全自動キャリアバレル式亜鉛めっき2号機
自動車部品・その他

設備内容

五反田工場

全自動トルカー処理機
自動車部品・その他

設備内容

本社工場

全自動ニッケルクロムライン
自動車部品・その他 


設備内容

本社工場

無電解ニッケルライン

自動車部品・その他 

設備内容

本社 五反田工場

管理(納期・品質・検査)


設備内容

第2工場

全自動キャリアラック式亜鉛めっき2号機
工作機械部品・自動車部品・その他 

(3.7m×1.3m×0.5m)

設備内容

第2工場

黒染処理(黒染工場)
皮膜の均一性をもつ工作機械部品・自動車部品・その他  (2.0m×1.0m×1.0m)


設備内容

研究室

蛍光X線膜厚計(各工場)
非破壊で鍍金膜厚量を測定する測定機

設備名基数
全自動亜鉛めっき装置(バレル)3
全自動亜鉛めっき装置(ラック)1
半自動無電解ニッケルめっき装置1
全自動ニッケルクロムめっき装置1
全自動ニッケル亜鉛めっき装置1
連続ベーキング処理装置2
半自動黒色酸化皮膜処理(黒染)1
半自動亜鉛めっき装置(ラック)
全自動トルカー処理装置3
ベイキング炉バッチ式
簡易式模厚計3
マイクロピッカース硬度計1
簡易液分析器3
蛍光X線模厚計
2
原子吸光光度装置1


お問合せ